SAKANO_work_environment of HSDR LIGATURA Site

yuki_head.jpg
 

Work

Environment

国定公園阿川海岸環境整備構想
“runninng green project”
企画・基本設計~実施設計

敷地となる海岸は本州のほぼ最西端に位置し、日本海に面した約1㎞の白砂を持つ海水浴場です。海からの強い風と砂に悩まされる周辺地域は、道路拡張計画によって失われたかつての防砂林の復旧と海水浴場のリニューアルを望んでいました。そこで、新たに植栽しても立ち枯れる自然の防砂林に代わり、建築がその役割を担うこととなりました。

p_ywe_chikei.jpg


左:美しいかたちの砂浜と集落が寄り添っていた頃。穏やかで静かな湾は、小さな子供でも安心して海水浴が出来るような環境だった。土地の人々は、白砂青松と周辺の山並みからなる環境と歴史を誇りにして暮らしていた。一方、冬場の日本海からの強風と高波による自然災害は受け入れる必要があった。
右:災害を防ぐために、湾の沖に突堤を設けた結果、砂が大きく片寄り、砂浜の幅は2/3になった。さらに浜の右側に集中する波による浸食を防ぐために護岸工事をせざるをえなかった。遠浅の白い砂浜の半分近くがコンクリートの岸壁のみとなり、湾全体の景観が崩れてしまった。行政が住民の願いに応えた突堤建設は、安全とのひきかえに美しい砂浜と地域の誇りをも奪ってしまった。

p_ywe_housen6.jpg

1.25mスパンで並べられたアーチ状の木製骨格は、1基17.5m×7m×4mの単位が13基連結され、全長は240mに達します。その全体をツタが被い、厳しい自然環境から周辺地域を守る砦となります。

中央の3基にはガラスが被せられ、トイレ、シャワー、海岸の監視ブースを設置。また両翼には海の家、ショップ、キオスクなどが季節に応じて展開されることを想定しています。この施設が、周辺住民に愛され、また、住民と観光客との交流の場となって町の発展に繋がることを期待しています。


□1998〜2000
GOOD DESIGN受賞
SDレビュー2000 新人賞(三分一博志氏と協働)
2003カナダグリーンデザイン賞 最優秀賞(三分一博志氏と協働)
cl:山口県土木建築部、山口県豊北町
D:坂野博行+三分一博志

home_m1home.jpg
yuki_m1.jpg
yuki_m2_pro.jpg
yuki_m3_work.jpg
yuki_m4_id.jpg
yuki_m5_con.jpg
yuki_m7_gd.jpg
yuki_m8_env.jpg
yuki_m9_oth.jpg
yuki_m10_blog.jpg
home_m6k.jpg
home_m7k_pro.jpg
home_m8k_work.jpg
home_m9k_blog.jpg
home_m10liga.jpg
home_m11info.jpg
home_m12con.jpg
home_m13new.jpg