NAKANO_work_reliure of HSDR LIGATURA Site

 
head_ko.jpg
 

HOME > NAKANO > NAKANO_work_detail > NAKANO_work_reliure

Work

Reliure

reliure ルリユール」はフランス語で「製本」を意味する言葉です。
かつて西洋では、書物は紙面を折りたたんで簡単に冊子にした
「仮綴じ」状態で売られていました。
購入者は工房へ製本を依頼し、その結果、所有者の好みを反映した
様々な美しい装丁が誕生したのです。
時代が下がって本が量産される今となっても、
ルリユールは愛書家に受け継がれています。
麻糸でかがり、革やマーブル紙といった素材で表紙を作り、
さらには金箔やモザイクなどによってさまざまな装飾を施す──
ルリユールは、見かけの美しさだけでなく、
開きが良くて読みやすく、本自体の寿命も延ばすことが出来るのです。

k_re_de_nagasugi.jpg
『永すぎた春』三島由紀夫
革、布 綴付製本

k_re_de_cokuto.jpg
『Jean Cocteau 詩集』
革、布 綴付製本

k_re_de_koukotu.jpg
『恍惚の人』有吉佐和子
革 綴付製本

k_re_de_inai.jpg
『私のいない高校』青木淳悟
革、板、真鍮 綴付製本

k_re_de_momo.jpg
『桃の子太郎』
革、板、樹脂 綴付製本

k_re_de_kawasaki.jpg
『川崎洋 詩集』
布 Library style

k_re_de_nito.jpg
『A TALE OF TWO CITIES』
C Dickens 革,金属くるみ製本

k_re_de_jibun.jpg
『自分を好きなる方法』本谷有希子
革、布 Plats rapportes

k_re_de_honme1.jpg
『本をめぐる話一』
板、布 Plats rapportes

k_re_de_honme2.jpg
『本をめぐる話二』
革 Oriental style

k_re_de_honme3.jpg
『本をめぐる話三』
革 Light stitch

k_re_de_honme4.jpg
『本をめぐる話四』
革、紙 Dos rapporte

k_re_de_estonia.jpg
『NAMES WORDS WITCH’S SYMBOLS 』
ABS French link stitch

k_re_de_waganeko.jpg
『吾輩は猫である』夏目漱石
樹脂 Plats rapportes

k_re_de_mizukuki.jpg
『水茎の跡は』
樹脂 Buttonhole stitich

k_re_de_orihon.jpg
Travel Book
和紙 折本

k_re_de_hikago.jpg
『光語録』
和紙 和綴じ

k_re_de_techo.jpg
Note
革 Long stitch

home_m_11newprod.jpg
home_m_01home.jpg
home_m_02yu.jpg
home_m_03yu_prof.jpg
home_m_04yu_work.jpg
home_m_05yu_blog.jpg
ko_m_01ko.jpg
ko_m_02prof.jpg
ko_m_03work.jpg
ko_m_04reliure.jpg
ko_m_05blog.jpg
home_m_10liga.jpg
home_m_12info.jpg
home_m_13cont.jpg